アフターピルってどんなもの?

アフターピルとは女性が服用する経口避妊薬の一種です。よく知られている経口避妊薬の低用量ピルは毎日服用することで常に避妊するのに対し、アフターピルは性交渉時にコンドームをしなかったり、破れてしまった際の妊娠を避けるための手段として性交渉後に使用するものです。使用する場合は性交渉後、72時間以内に一回服用しなければいけません。その12時間後にもう一度服用します。なお、性交渉後の翌朝に服用しても間にあう事からモーニングアフターピルと呼ばれる事もあります。性交渉後の時間が経つにつれ、避妊成功率は低くなってしまうので早めの服用が必要です。では、どうして避妊することができるのかと言うと、低用量ピルは排卵を抑制することにより身体を妊娠しない状態にします。また、身体に精子が入ってきても子宮に入りにくくする効果があるため受精せずに妊娠に至らないのです。一方、アフターピルの場合はたとえ受精したとしても着床を防ぐ効果があるため妊娠を防げるのです。しかし、アフターピルは低用量ピルより身体に負担をかけます。そのため、アフターピルを服用すると吐き気や嘔吐、頭痛などの低用量ピルよりも強い副作用が現れます。しかしこの症状は1日ほどで治ります。使用することで不妊になったり、後遺症が残ることはありません。しかし、次の生理が少し遅れる可能性はありますが心配いりません。また、購入するにあたり保険はきかず、低用量ピルよりも高めになっています。このようにアフターピルは妊娠を防ぐ効果はありますが、72時間以内に服用しなければ妊娠に至る場合もあります。また、使用することにより強い副作用もあるので常用はおすすめできません。最後の手段として手元に置いておくのはいいですが、確実に常日頃から避妊をしたいのであれば低用量ピルの使用をおすすめします。

▼性行為後24時間以内であれば高確率で避妊できるアフターピルです
ノルレボの価格は?